AIR:メモ

  • 以下はAdobe AIRのTOOLを提供しているページです。英語版です。
    http://www.adobe.com/products/air/tools/
      Adobe AIR
      Adobe AIR SDK
      Flex 3 SDK
      Adobe AIR extension for Dreamweaver CS3
      Adobe AIR update for Flash CS3 Professional
      Flex Builder 3  ※<-コレからも英語版ダウンロードページへ行けます。
  • AIRはサーバ処理のないデスクトップで単体で動くアプリケーションも作れます。
  • AIRはデスクトップ・アプリケーションですから、ローカルのリソースと『ある』程度ですが連携できます。 この『ある』程度の程度が気になる。
  • AIRの開発だけならば、実行環境は必要ない。つまりAIRのインストールは必要無い。「Adobe Flex Builder 3」をインストールすればいいだけです。
  • 「Adobe Flex Builder 3」をインストールするとJavaもインストールさfれる。そして「Adobe Flex Builder 3」を起動すると100MB以上もメモリをJavaは消費する。要注意!
  • HTMLやJavaScriptを用いたAIRウィジェットの作成にはAptanaを使うこともできます。つまりAptanaでもAIRアプリは開発できる。
  • MXMLとは、Macromedia Flex Markup Languageの略です。タグで記述され、主にアプリケーションの GUI、ユーザーインターフェイス を担当しています。
  • Flexとは、Adobe社が提供する、Webアプリケーションの開発環境。
    Flexで生成されたアプリケーションはFlash Playerのインタラクションを利用するSWFファイルとして実行するRIAとなる。動作環境であるFlash Playerは普及率が高く、同じソースを複数のプラットフォームで実行可能なことから、広範な動作条件を要求されるWebアプリケーションの実行環境として採用されている。
    開発はインターフェイス部分をMXMLで、ロジック部分をFlashでも用いられるActionScriptで行う。
    開発ツールとしては、Eclipseベースの「Adobe Flex Builder」が発売されているほか、Flex 2 SDKがオープンソース化されている。Flex 2 SDKはFlash Playerのバージョン9以降で実行されるActionScript 3.0をサポートしている。
    ※上記は,http://www.atmarkit.co.jp/aig/07wcr/flex.html から引用。

 

< TOPへ  >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA