Flex技術メモ:「起動時の順序について」でイベントの起動順を見る

 Adobe Flex 3 Builder のヘルプファイルを「起動時の順序について」で検索すると、各コンポーネントのイベント発生順序の概略が説明されています。

  1. preinitializa
  2. initializa
  3. creationComplte
  4. updateComplete

の順です。
このイベントの順で子コンポーネントもイベントが発生します。
 私が知りたかったのは、全てのコンポーネントが生成&描画後に、 Application オブジェクトが applicationComplete イベントを発生させる事です。このイベントはアプリケーションの起動中、最後に発生するイベントです。
 つまり、アプリケーションの初期処理は以下の様にする必要があります。
<?xml version=”1.0″ encoding=”utf-8″?>
<mx:Application xmlns:mx=”http://www.adobe.com/2006/mxml”
applicationComplete=”AppInitializaEvt();”>
<mx:Script>
<![CDATA[
import mx.events.DropdownEvent;
/* Evvent after Compltted All Contorol */
private function AppInitializaEvt():void{
・・・・・・;
}

 

< TOPへ  >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA