Flex技術メモ:ComboBox コントロールの概要

  • ドロップダウンリストで、ユーザーが選択できるのは1 つだけ。複数選択は出来ない。
  • デフォルトではコントロールは編集可能状態。ユーザーはリストの最上部テキストボックスで直接テキストを入力出来る。
    editable=”false” プロパティ追加で出来無くなる。
  • リストにあらかじめ設定されている値から 1 つを選択することもできる。
    selectedIndex=”0″ プロパティ追加で指定設定可能。
    ※Flex 3 Builder のプロパティ画面からも設定可能。
  • 編集不可の時、ユーザーが 1 文字入力するとドロップダウンリストが開き、入力された文字に最も近い値までスクロールされる。但し検索対象は最初の1文字だけです。2文字目を入力すると、その2文字目を先頭に再検索される。
  • 参照インデックスはゼロからスタート。0、1、2、…, x-1 の値で、x は項目の合計数。

 

< TOPへ >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA