Flex技術メモ:DataGridコントロールでチェックボックス等がうまく表示出来ない時

カスタムアイテムレンダラーとカスタムアイテムエディタを使う時の注意点。
「<mx:DataGridColumn 」タグ内にitemRendererプロパティを記述する順番には注意が必要です。以下は正常にCheckBoxコントロールがDataGridコントロール内のセルに表示できる例です。

【DataGridでチェックボックスを使った例:サンプル】
<?xml version=”1.0″?>
<mx:Application xmlns:mx=”http://www.adobe.com/2006/mxml”>
<mx:Script>
<![CDATA[
[Bindable]
public var gridArayData:Array = [
{Data1:”AAAA”, Data2: true},
{Data1:”BBBB”, Data2: false},
]
]]>
</mx:Script>
<mx:DataGrid dataProvider=”{gridArayData}” editable=”true”>
<mx:columns>
<mx:DataGridColumn dataField=”Data1″ editable=”false”/>
<mx:DataGridColumn dataField=”Data2″ editable=”true”
rendererIsEditor=”true”
itemRenderer=”mx.controls.CheckBox”
editorDataField=”selected”/>

</mx:columns>
</mx:DataGrid>
</mx:Application>
 
注意:DataGridColumnタグでData2の各プロパティの順番を変えると、チェックボックスの表示は出来ますが、チェックボックス以外の部分をマウスでクリックすると、実行エラーになる場合があります。
 

< TOPへ >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA