Flex技術メモ:Listコントロール

・<mx:List> タグ
・データは dataProvider プロパティ内の string プロパティで指定
・<mx:List> タグの <mx:dataProvider> 子タグは省略可
・↑インライン静的データ指定
・データが変化する場合は、コレクションを明示的に指定
・インデックスは、0、1、2、…、, n-1 の値で、n はアイテムの合計数

【サンプル:Listコントロール】
<?xml version=”1.0″?>
<mx:Application xmlns:mx=”http://www.adobe.com/2006/mxml”>
<mx:Script>
<![CDATA[
import flash.events.Event;
public function clickListEvt(event:Event):void {
idTextArea01.text =
event.currentTarget.selectedIndex + ” ” +
event.currentTarget.selectedItem.label + ” ” +
event.currentTarget.selectedItem.data1 + ” ” +
event.currentTarget.selectedItem.data2 ;
}
]]>
</mx:Script>
<mx:List width=”151″ click=”clickListEvt(event)”>
<mx:Object label=”B01″ data1=”XX—–1″ data2=”NN-1″/>
<mx:Object label=”B02″ data1=”YY—–2″ data2=”NN-2″/>
<mx:Object label=”B03″ data1=”ZZ—–3″ data2=”NN-3″/>
</mx:List>
<mx:TextArea id=”idTextArea01″ width=”152″/>
</mx:Application>

【注意事項】
・selectedItemプロパティの後に「.」を入れてた後に、[Ctrl]+[Space]キーのコード補完機能で「label」、「data」とは表示されない。

 

< TOPへ  >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA